大紀元時報

米財務長官と下院議長、追加対策巡り「相違調整」 20日再協議

2020年10月20日 11時11分
ムニューシン米財務長官と民主党のペロシ下院議長が19日、追加の新型コロナウイルス経済対策を巡り、53分間の電話協議を行った。ワシントンで5月撮影(2020年 ロイター/ERIN SCOTT)
ムニューシン米財務長官と民主党のペロシ下院議長が19日、追加の新型コロナウイルス経済対策を巡り、53分間の電話協議を行った。ワシントンで5月撮影(2020年 ロイター/ERIN SCOTT)

[ワシントン 19日 ロイター] - ムニューシン米財務長官と民主党のペロシ下院議長が19日、追加の新型コロナウイルス経済対策を巡り、53分間の電話協議を行い、「双方の意見の相違を引き続き調整した」と、ペロシ議長のドリュー・ハミル副補佐官がツイッターに投稿した。

ハミル氏によると、ペロシ議長は追加経済対策が11月3日の大統領選前に合意することが可能かどうかについて20日終わりまでに明確になることを望んでいるという。ムニューシン長官とペロシ議長は20日に再び協議する予定で、スタッフ間の調整は「24時間体制で」継続されるとした。

トランプ政権は1兆8000億ドル規模の対策案を提示。ペロシ氏は、貧困層の税制優遇策や州・地方政府の支援策、労働者保護策、家賃補助といった分野で不備があると批判し、自らの2兆2000億ドル規模の案を譲らない姿勢を示してきた。

一方、上院では19日、共和党のマコネル院内総務が、支援対象を限定した5000億ドルの経済対策を21日に採決すると表明。マコネル氏は、中小企業支援策「給与保護プログラム(PPP)」に資金を補充する別の法案を20日に採決する意向も示した。

ただ、上院民主党は包括的な大型対策を求めている。民主党のシューマー上院院内総務は、共和党のプランについて「骨と皮だけだ」と批判。支援を必要としている州・地方自治体を見捨てており、失業給付の財源も不足していると主張した。上院民主党は先月、同様の案を阻止している。

マコネル院内総務は上院で、ペロシ議長が「オール・オア・ナッシング」の姿勢を取っていると非難。「議長のマリー・アントワネットの芝居を終わらせる必要がある」と述べた。

*内容を追加しました。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^