大紀元時報

東京五輪へ対策と加藤官房長官、ロシアがサイバー攻撃と米英非難

2020年10月20日 13時32分
10月20日、加藤勝信官房長官(写真)は午前の会見で、ロシア軍情報機関(GRU)が東京五輪を標的にサイバー攻撃を行ったと米英両国が非難したことについて「重大な関心を持って情報収集・分析に努めている」と述べた。写真は都内で昨年9月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
10月20日、加藤勝信官房長官(写真)は午前の会見で、ロシア軍情報機関(GRU)が東京五輪を標的にサイバー攻撃を行ったと米英両国が非難したことについて「重大な関心を持って情報収集・分析に努めている」と述べた。写真は都内で昨年9月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 20日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は20日午前の会見で、ロシア軍情報機関(GRU)が東京五輪を標的にサイバー攻撃を行ったと米英両国が非難したことについて「重大な関心を持って情報収集・分析に努めている」と述べた。

また「民主主義の基盤を揺るがしかねない悪意あるサイバー攻撃は看過できない」とし「東京大会の成功に向け、サイバーセキュリティー対策をしっかりと推進していきたい」と述べた。

国内でサイバー攻撃による実害があったかどうかについては「情報の収集分析に努めている」と答えた。

東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会は、運営上重大な影響は認められないとしている。

米英両国は19日、GRUが来年夏に予定される東京五輪・パラリンピックの妨害工作を含む一連のサイバー攻撃に関与していたとして非難した。

また英当局者によると、GRUは2020年東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会に対する「サイバー偵察」活動も実施していた。五輪の主催者や物流業者、スポンサー企業が標的となったと説明したが、攻撃の具体的な内容のほか、実際に成功したかについては明らかにしなかった。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^