大紀元時報

マクロン仏大統領とイラク首相が会談、テロとの戦い強調

2020年10月20日 22時43分
フランスのマクロン大統領とイラクのカディミ首相は19日会談し、テロとの戦いの重要性を強調した。写真は、エリゼ宮でイラクのカディミ首相を迎えるマクロン大統領。2020年10月19日撮影。(2020年 ロイター/Gonzalo Fuentes提供)
フランスのマクロン大統領とイラクのカディミ首相は19日会談し、テロとの戦いの重要性を強調した。写真は、エリゼ宮でイラクのカディミ首相を迎えるマクロン大統領。2020年10月19日撮影。(2020年 ロイター/Gonzalo Fuentes提供)

[パリ 20日 ロイター] - フランスのマクロン大統領とイラクのカディミ首相は19日会談し、テロとの戦いの重要性を強調した。フランス大統領府が声明を発表した。

会談は9月のマクロン大統領のイラク訪問に続くもの。この時マクロン大統領はイラクの主権に支持を表明し、イラクにとっては過激派組織「イスラム国」と外国の干渉が最大の問題との認識を示した。

フランス大統領府によると、両首脳はまた、仏アルストムのバグダッド地下鉄プロジェクトへの参加を歓迎した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^