大紀元時報

協調減産緩和の判断「時期尚早」 見極め必要=ロシア・エネ相

2020年10月21日 10時57分

[モスクワ 20日 ロイター] - ロシアのノバク・エネルギー相は20日、石油輸出国機構(OPEC)など主要産油国による協調減産について、12月以降の見通しについて語るのは時期尚早との見解を示した。同相は先週、来年の減産緩和は予定通り実施すべきだと述べていた。

OPEC加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」は、21年1月から協調減産を緩和する予定。しかし、新型コロナウイルス感染の第2波が広がっていることから、先行きに不透明感が浮上していた。

ノバク氏はエネルギー省広報を通じてロイターに「OPECプラスの合意について12月以降の見通しを語るのは時期尚早だ」とコメント。何らかの決定を下す前に、今後1カ月に状況がどのように推移するかを「理解する必要がある」とした。来年の減産規模維持をロシアが支持するかどうかとの問い合わせに回答した。

一部の業界筋は先に、ロシアが需要低迷と新型コロナウイルス感染再拡大によって世界の原油市場が悪化した場合、来年以降の減産継続を支持する可能性があると指摘していた。

ノバク氏は先週、コロナ感染が世界的に急増しているものの、OPECプラスが計画通りに減産緩和を開始するという見通しを示した。

OPECプラスの次回会合は11月30日─12月1日に予定されている。

プーチン大統領は先週、サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子と2回にわたり電話会談を実施。ロシア大統領府のペスコフ報道官は、新型コロナ感染拡大で原油需要が抑制される中、ロシアとサウジの協議が必要になっていたと説明した。

OPECプラスの現行の減産規模は日量770万バレル。これを来年1月から570万バレルに縮小することで合意している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^