大紀元時報

ナイジェリア、警察への抗議デモ隊に兵士が発砲 負傷者も=目撃者

2020年10月21日 10時56分
10月20日、アフリカ最大の都市とされる、ナイジェリアのラゴスで、警察に抗議するデモ隊に兵士が発砲したもよう。ラゴスの抗議デモ現場で撮影(2020年 ロイター/Temilade Adelaja)
10月20日、アフリカ最大の都市とされる、ナイジェリアのラゴスで、警察に抗議するデモ隊に兵士が発砲したもよう。ラゴスの抗議デモ現場で撮影(2020年 ロイター/Temilade Adelaja)

[ラゴス 20日 ロイター] - アフリカ最大の都市とされる、ナイジェリアのラゴスで20日夜、警察に抗議するデモ隊に兵士が発砲したもよう。目撃した3人によると、デモに参加していた少なくとも2人が撃たれた。

ナイジェリア全土ではここ2週間近く、警察の「対強盗特殊部隊(SARS)」に抗議する数千人規模のデモが連日行われている。

SARSは以前から強奪や拷問、殺人に関与しているとの批判があり、今月11日に解散したが、抗議は続いている。

発砲があったラゴスのレッキ地区でも、抗議デモが毎日行われていた。撃たれた2人の容体は不明。アムネスティ・インターナショナルによると、デモが始まって以来、少なくとも15人が殺害された。

目撃者の1人によると、20日午後7時ごろに20人以上の兵士がレッキ地区に到着し、発砲した。別の目撃者は、10人が撃たれ、撃たれた人を兵士が運んでいたと語った。

警察は発砲への関与を否定。ラゴス州は今回の事案について調査を開始すると発表した。

ナイジェリア軍と大統領の報道官はいずれもコメント要請に応じていない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^