大紀元時報

インタビュー:景気回復の兆し、現時点で追加緩和は不要=フィリピン中銀総裁

2020年10月28日 09時51分
10月27日、フィリピン中央銀行のジョクノ総裁はロイターのインタビューに応じ、新型コロナウイルスのパンデミックで打撃を受けた経済が回復していることを示唆する経済指標がいくつか出ており、現段階で金融政策を緩和する必要はないとの認識を示した。マニラで14日撮影(2020年 ロイター/Eloisa Lopez)
10月27日、フィリピン中央銀行のジョクノ総裁はロイターのインタビューに応じ、新型コロナウイルスのパンデミックで打撃を受けた経済が回復していることを示唆する経済指標がいくつか出ており、現段階で金融政策を緩和する必要はないとの認識を示した。マニラで14日撮影(2020年 ロイター/Eloisa Lopez)

[マニラ 27日 ロイター] - フィリピン中央銀行のジョクノ総裁は27日、ロイターのインタビューに応じ、新型コロナウイルスのパンデミックで打撃を受けた経済が回復していることを示唆する経済指標がいくつか出ており、現段階で金融政策を緩和する必要はないとの認識を示した。

フィリピンは第2・四半期に29年ぶりに景気後退に陥った。ジョクノ総裁は、来年には「持ち直し」、2022年に「実質的な成長」が始まるとの見方を示した。

物価情勢を踏まえると金融政策を緩和する余地はあるとしながらも、「現段階でそういう意向は持っていない」と述べた。

比較的楽観的な見方をする理由として、雇用情勢の改善、海外からの送金の伸び、製造業部門の回復を挙げ「これらは、経済が成長または回復している兆しだ。しかし今後数四半期に一段と強く成長し続けるだろう」と述べた。

フィリピン中銀は今年に入り政策金利を175ベーシスポイント(bp)引き下げており、アジアで最も積極的に金融緩和してきた中銀の一つだ。

政策金利だけでなく、銀行の預金準備率も引き下げ、1兆ペソを超える流動性を金融システムに供給した。年内の金融政策決定会合はあと2回で、次回は11月19日。

ジョクノ総裁は「インフレは、懸念材料のなかで最もささいな存在」と述べ、今年のインフレ率は平均1.75─2.75%と予想した。中銀の目標は2─4%。

世界銀行は、今年のフィリピンの成長率をマイナス6.9%と予想。政府の予想は6.6─4.5%のマイナス。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^