大紀元時報

米ファイザー、コロナワクチンの治験データ「まだ公表できず」

2020年10月28日 09時51分
10月27日、米製薬大手ファイザーは独バイオ医薬ベンチャーのビオンテックと共同開発する新型コロナウイルスワクチンについて、臨床試験(治験)モニターはまだ中間的な有効性分析を行っておらず、後期治験のデータをまだ公表する段階でないと表明した。写真は2019年7月、ニューヨーク証券取引所で(2020年 ロイター/Brendan McDermid)
10月27日、米製薬大手ファイザーは独バイオ医薬ベンチャーのビオンテックと共同開発する新型コロナウイルスワクチンについて、臨床試験(治験)モニターはまだ中間的な有効性分析を行っておらず、後期治験のデータをまだ公表する段階でないと表明した。写真は2019年7月、ニューヨーク証券取引所で(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

[27日 ロイター] - 米製薬大手ファイザー<PFE.N>は27日、独バイオ医薬ベンチャーのビオンテック<22UAy.F> <BNTX.O>と共同開発する新型コロナウイルスワクチンについて、臨床試験(治験)モニターはまだ中間的な有効性分析を行っておらず、後期治験のデータをまだ公表する段階でないと表明した。

ブーラ最高経営責任者(CEO)は当初、早ければ今月にもワクチンの有効性に関するデータを発表できるとしていた。

これについて専門家は、おそらく感染率がかなり低いことから治験の進捗が遅れているのではないかとの見方を示した。

第3・四半期決算は、1株利益が0.72ドルと、リフィニティブのアナリスト予想平均である0.71ドルを上回った。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^