大紀元時報

欧州で200カ所近くの空港が破産直面=業界団体

2020年10月28日 09時52分
10月27日、国際空港評議会(ACI)欧州支部は、年末までに旅客数が回復し始めなければ向こう数カ月間で200カ所近くの空港が破産に直面するとの見方を示した。写真は8月4日、ドイツのミュンヘン国際空港で(2020年 ロイター/Michael Dalder)
10月27日、国際空港評議会(ACI)欧州支部は、年末までに旅客数が回復し始めなければ向こう数カ月間で200カ所近くの空港が破産に直面するとの見方を示した。写真は8月4日、ドイツのミュンヘン国際空港で(2020年 ロイター/Michael Dalder)

[ブリュッセル 27日 ロイター] - 国際空港評議会(ACI)欧州支部は27日、年末までに旅客数が回復し始めなければ向こう数カ月間で200カ所近くの空港が破産に直面すると述べた。

ACIは、193カ所の空港が「危険にさらされている」と試算。こうした空港は27万7000人の雇用を生み出し、生産高は124億ユーロ(146億6000万ドル)相当と、経済活動に貢献していると付け加えた。

ACIの報道官によると、危険にさらされている空港は、主に年間の旅客数が500万人を下回る小規模な地方空港。空港を閉鎖した場合、現地の雇用に大きな影響を与える。

より大きな規模の空港も持続不可能なペースで資金を使っている。欧州上位20位の空港の債務は160億ユーロ(189億1000万ドル)増え、例年の売り上げの60%近くに相当する。

オリビエ・ジャンコベック事務局長は声明で「この日公表された数字は非常に暗い状況を示す。危機が始まって8カ月が経った今、欧州の空港は営業を続けるために資金を使い込んでいる。売り上げは、資本コストは言うまでもなく事業費を賄うにも程遠い」と述べた。

ACIの統計によると欧州の空港における9月の旅客数は前年同月から1億7250万人(73%)減った。年初来では12億9000万人減っている。

ジャンコベック氏は「10月中旬時点で旅客数は前年同期比75%減だった。欧州連合(EU)/欧州経済地域(EEA)/スイス/英国の旅客数は80%減となり、明らかに下向いている」とした。

ACIは、料金を払う乗客を対象とした欧州の総計740カ所の空港のうち500カ所以上を代表する。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^