大紀元時報

米最高裁、ペンシルベニア・ノースカロライナの郵便投票期限延長認める

2020年10月29日 17時58分
10月28日 米連邦最高裁判所は来週の大統領選挙で激戦州となっているペンシルベニア州とノースカロライナ州の郵便投票を巡り、期限の延長を認める判断を示した。写真はワシントンにある最高裁。6月25日撮影(2020年 ロイター/Al Drago)
10月28日 米連邦最高裁判所は来週の大統領選挙で激戦州となっているペンシルベニア州とノースカロライナ州の郵便投票を巡り、期限の延長を認める判断を示した。写真はワシントンにある最高裁。6月25日撮影(2020年 ロイター/Al Drago)

[28日 ロイター] - 米連邦最高裁判所は28日、来週の大統領選挙で激戦州となっているペンシルベニア州とノースカロライナ州の郵便投票を巡り、期限の延長を認める判断を示した。

ペンシルベニア州最高裁は9月、投票日までの消印があれば最大3日後までに届いた郵便投票を集計に入れられるとする判断を示した。

連邦最高裁は今月、この判決の阻止を求めた共和党の申し立てをすでに退けている。今回は、州最高裁の決定に対する共和党の上訴について、優先審理を行わない判断を示した。この結果、州最高裁の決定は当面維持されることになった。

一方、連邦最高裁はこの日、ノースカロライナ州の郵便投票期限延長を阻止するよう求めたトランプ陣営の申し立ても退けた。

トランプ大統領に指名され、27日に連邦最高裁判事に就任したエイミー・バレット氏はいずれの判断にも加わらなかった。最高裁報道官によると、両案件について資料を十分に精査する時間がなかったためという。

連邦最高裁のアリト判事とトーマス判事、ゴーサッチ判事(いずれも保守派)は、ペンシルベニア州裁判所の決定について、憲法違反の「可能性が高い」とし、選挙前に審理を行うべきだとの見解を示した。

ただ「投票日を目前に控えた現段階では、選挙前にこの問題について決定を行う十分な時間はないと、不本意ながら結論付けた」とした。

保守派判事らは、この件について審理を行い、比較的迅速に判決を出すことは依然として可能だとし、問題は決着していないとの見方を示唆した。

ペンシルベニア州のシャピロ司法長官(民主党)は声明で、「さらなる訴訟を回避」するため、郵便投票用紙を投票箱に入れるか、郡の選挙管理委員会に持ち込むよう有権者に促した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^