大紀元時報

カナダ裁判所、ファーウェイCFOの主張一部認める 審理継続へ

2020年10月30日 15時16分
FILE PHOTO: Huawei Technologies Chief Financial Officer Meng Wanzhou leaves her home to attend a court hearing in Vancouver, British Columbia, Canada October 26, 2020. REUTERS/Jennifer Gauthier
FILE PHOTO: Huawei Technologies Chief Financial Officer Meng Wanzhou leaves her home to attend a court hearing in Vancouver, British Columbia, Canada October 26, 2020. REUTERS/Jennifer Gauthier

[バンクーバー/トロント 29日 ロイター] - カナダのブリティッシュ・コロンビア州最高裁は29日、米国が起訴した中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)の米国への身柄の引き渡しを巡る審理で、同CFOの主張の一部を退けるよう求めたカナダ司法長官の訴えを却下する一方、審理の継続が必要との判断を示した。

同CFOは、身柄の引き渡しを要求している米国が不正確な証拠を提出していると主張。最高裁はこれについて「一部の証拠の信頼性を疑問視することは現実的に可能だ」とし、「一定の範囲内」で同CFOが追加の証拠を提出することを認めた。

司法長官は現時点でコメント要請に応じていない。

ファーウェイ・カナダは、ロイターに「実質的な勝訴だ」との見解を示した。

同CFOは2018年12月、バンクーバー国際空港で逮捕された。米国は同CFOがイランとの違法な取引について銀行大手HSBC<HSBA.L>に虚偽の説明をしたと主張。同CFOは無罪を主張している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^