大紀元時報

防衛省、次期戦闘機事業で三菱重工と契約

2020年10月30日 12時53分
10月30日、防衛省は航空自衛隊のF2戦闘機の後継となる次期戦闘機(F-X)の今年度事業に関して、三菱重工<7011.T>と契約を締結したと発表した。都内で2012年撮影(2020年 ロイター/Yuriko Nakao)
10月30日、防衛省は航空自衛隊のF2戦闘機の後継となる次期戦闘機(F-X)の今年度事業に関して、三菱重工<7011.T>と契約を締結したと発表した。都内で2012年撮影(2020年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 30日 ロイター] - 防衛省は30日、航空自衛隊のF2戦闘機の後継となる次期戦闘機(F-X)の今年度事業に関して、三菱重工<7011.T>と契約を締結したと発表した。

同社と次期戦闘機の開発を進めていくとしている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^