大紀元時報

米国務省、UAEへのF35売却を議会に非公式通知=関係筋

2020年10月31日 12時00分
10月29日、米国務省は議会に対し、米ロッキード・マーチン製最新鋭ステルス戦闘機「F35」のアラブ首長国連邦(UAE)への売却を承認したと通知した。写真はワシントンで2017年1月撮影(2020年 ロイター/Joshua Roberts)
10月29日、米国務省は議会に対し、米ロッキード・マーチン製最新鋭ステルス戦闘機「F35」のアラブ首長国連邦(UAE)への売却を承認したと通知した。写真はワシントンで2017年1月撮影(2020年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 29日 ロイター] - 米国務省は議会に対し、米ロッキード・マーチン<LMT.N>製最新鋭ステルス戦闘機「F35」のアラブ首長国連邦(UAE)への売却を承認したと通知した。売却額は100億ドルに上る可能性がある。関係筋が29日、明らかにした。

ロイターは9月に、米政府が、UAEの建国記念日である12月2日までに同国とF35売却の合意書を交わしたい意向だと報じた。[nL3N2GK18M]

米上下両院の各外交委員会は軍事装備品の売却に関し非公式に審査を行う権限があり、阻止することも可能。

イスラエルは当初、UAEへのF35売却に反発したが、米国がイスラエルの軍事優位性が維持されると再確認したのを受け、先週、容認に転じた。

いかなる合意もイスラエルに対して近隣諸国よりも性能の高い武器を供給する「質的軍事優位性(QME)」協定を順守する必要がある。

イスラエルのネタニヤフ首相は29日、記者にUAEへのF35売却について問われ「われわれは共通の脅威に直面している」と述べた。イランが念頭にあるとみられる。米側から軍事優位性維持の明確な約束があったことが重要だと続けた。

ネタニヤフ氏はこの日、イスラエルを訪問中のエスパー国防長官と面会した。

エリオット・エンゲル下院外交委員長(民主党)は29日にUAEへのF35売却について非公式な通知があったと確認。議会として、「現状変更によってイスラエルの軍事優位性が脅かされることがない」と確認する必要があるとした。

関係筋によると、トランプ政権は数日内に正式な通知を行いたい考え。正式通知があれば、議会は売却阻止の法案可決を目指すことが可能になる。

F35のような複雑な合意に関する非公式な通知の手続きは通常、40日を要するが、関係筋によると、トランプ政権はUAEの建国記念日に間に合わせるために数日内に終わらせる意向。

これについてエンゲル氏は「売却を急ぐことは誰の利益にもならない」と述べた。

上院外交委の民主党トップ、ボブ・メネンデス議員は声明で「見せかけだけの期限のために向こう見ずに日程を早めれば十分な検討が不可能になる」と釘を刺した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^