大紀元時報

商船三井、モーリシャス座礁事故関連費用は今年度1─2億円

2020年10月31日 12時00分

[東京 30日 ロイター] - 商船三井<9104.T>の丸山卓専務執行役員は30日の決算会見で、チャーター船のモーリシャスでの座礁事故に関連し、人材派遣や資材提供などに今年度かかる費用を1―2億円と見込んでいると明らかにした。8億円を拠出する自然環境回復基金は設立手続きに時間かかり、来年4月以降になるとの見通しを示した。

同社は9月、基金設立など複数年で総額10億円程度を拠出する追加支援策を発表していた。

(平田紀之 編集:田中志保)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^