大紀元時報

米商務省、TikTokとの取引禁止差し止め受け徹底抗戦の構え

2020年11月02日 18時14分
米商務省は11月1日、連邦地裁が中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」との取引を禁止する措置を一時差し止める決定を下したのを受け、同措置の正当性を「強力に主張」すると表明し、実施に向け徹底抗戦する構えを示した。9月19日撮影(2020年 ロイター/Florence Lo)
米商務省は11月1日、連邦地裁が中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」との取引を禁止する措置を一時差し止める決定を下したのを受け、同措置の正当性を「強力に主張」すると表明し、実施に向け徹底抗戦する構えを示した。9月19日撮影(2020年 ロイター/Florence Lo)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米商務省は1日、連邦地裁が中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」との取引を禁止する措置を一時差し止める決定を下したのを受け、同措置の正当性を「強力に主張」すると表明し、実施に向け徹底抗戦する構えを示した。

10月30日にペンシルベニア州の地裁は、11月12日に発効予定だった、TikTokへのレンタルサーバーやコンテンツ・デリバリーなどの技術関連サービスの提供を禁止する措置の一時差し止めを命じた。判決文は「政府のTikTokがもたらす安全保障上の脅威に関する描写は、仮定で表現されている」とした。

これを受けて商務省は「差し止め命令に従うが、法的な対抗措置に対し、(禁止令)や商務長官の実施に向けた取り組みの正当性を強力に主張する」とした。

トランプ政権はTikTokの米国内約1億人の利用者のデータが中国政府の手に渡る可能性があるとし、国家安全保障上の懸念だと主張してきた。TikTokは、この主張を否定している。

米首都ワシントンの地裁は9月27日にアップル<AAPL.O>とアルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルのアプリストアについて、新規のTikTokダウンロードを禁止するトランプ政権の命令を一時差し止める判断を示した。ダウンロード禁止は9月27日に発効予定だった。訴訟はTikTokを傘下に持つ中国・北京字節跳動科技(バイトダンス)が提起していた。

同地裁は今週4日に、TikTokに関するダウンロード以外の取引制限措置が有効かどうかを巡る審理を開く予定。

ペンシルベニア州の地裁による一時差し止め命令は、アプリストアでのダウンロード禁止措置も対象に含まれている。同地裁の訴訟はTikTokのコンテンツクリエーターが提起していた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^