大紀元時報

台湾への米ドローン売却計画が進展、週内に正式通知も=関係筋

2020年11月03日 09時09分
台湾への米国産高性能ドローン(無人機)売却計画が米議会で主要なハードルを乗り越え、承認に向け最終段階にあることが関係者の話で2日分かった。アフガニスタン・カンダハールで2016年3月撮影(2020年 ロイター/Josh Smith)
台湾への米国産高性能ドローン(無人機)売却計画が米議会で主要なハードルを乗り越え、承認に向け最終段階にあることが関係者の話で2日分かった。アフガニスタン・カンダハールで2016年3月撮影(2020年 ロイター/Josh Smith)

[ワシントン 2日 ロイター] - 台湾への米国産高性能ドローン(無人機)売却計画が米議会で主要なハードルを乗り越え、承認に向け最終段階にあることが関係者の話で2日分かった。

売却対象となるのはゼネラル・アトミックス製のドローン「MQ─9」4機で、金額は6億ドル相当。国務省は週内にも議会へ正式に売却計画を通知する可能性がある。議会では与野党とも幅広く売却に賛成しているという。

ロイターは9月、米政府が台湾に巡航ミサイルやドローンなど7種類の武器システムを売却する計画と報じた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^