大紀元時報

米で自宅待機促す不審電話、投票妨害の可能性も FBIが捜査

2020年11月04日 09時35分
米国で大統領選投票日の3日に自宅にとどまるよう促す不審なスパム電話が多数確認され、米連邦捜査局(FBI)が捜査している。ペンシルベニア州パンクサトーニーで3日撮影(2020年 ロイター/ALAN FREED)
米国で大統領選投票日の3日に自宅にとどまるよう促す不審なスパム電話が多数確認され、米連邦捜査局(FBI)が捜査している。ペンシルベニア州パンクサトーニーで3日撮影(2020年 ロイター/ALAN FREED)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米国で大統領選投票日の3日に自宅にとどまるよう促す不審なスパム電話が多数確認され、米連邦捜査局(FBI)が捜査している。国土安全保障省は、選挙妨害にならないよう厳重に警戒していると述べた。

この電話は自動でかける「ロボコール」と呼ばれるもので、少なくとも2種類が確認された。専門家によると、うち一つは自宅にとどまるよう促す内容だったが、投票については触れていないという。

調査会社ロボキラーのジュリア・ポーター副社長によると、こうした電話は過去約11カ月で何百万件も確認されたが、3日にはスパム電話の上位5位まで急増したという。

*カテゴリーを追加して再送します。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^