大紀元時報

米大統領選、有権者は経済とコロナを最重視=エジソン・リサーチ出口調査

2020年11月04日 09時37分
11月3日、エジソン・リサーチの出口調査によると、米有権者の約30%が、大統領候補の選択で最も重要視する問題として経済を挙げた。オクラホマ州ドーバーの投票所で撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)
11月3日、エジソン・リサーチの出口調査によると、米有権者の約30%が、大統領候補の選択で最も重要視する問題として経済を挙げた。オクラホマ州ドーバーの投票所で撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)

[3日 ロイター] - エジソン・リサーチの出口調査によると、米有権者の約30%が、大統領候補の選択で最も重要視する問題として経済を挙げた。

20%は新型コロナウイルスの問題を最も重視すると答えた。

人種差別問題を最重視するとの回答も20%だった。その他の問題としては、犯罪やヘルスケア政策が挙がった。

また、約50%は経済に打撃が及んでも、新型コロナの感染拡大を抑制することの方が重要と答えた。

米国の新型コロナ抑制への取り組みが「非常に」うまくいっていないとの回答は40%だった。激戦州のフロリダとノースカロライナでは、有権者の50%が米政府のコロナ対応は「多少あるいは非常に」うまくいっていないとした。

調査によると、有権者の90%は10月より前に誰に投票するかを決めていた。また、同じく90%は居住する州の当局が正確に票の集計を行うと確信していると回答した。

調査は3日の投票日当日の対面による聞き取りや、投票日前の期日前投票所での聞き取り、郵便投票を行った有権者への電話での聞き取りに基づいている。エジソン・リサーチは、米大手メディアで構成するナショナル・エレクション・プール(NEP)の委託で出口調査と開票情報をまとめている。

*内容を追加しました

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^