大紀元時報

米大統領選、開票結果報道にメディア各社は慎重

2020年11月04日 11時16分
米大手テレビネットワークは、3日に行われた米大統領選の開票結果を慎重な姿勢で報じている。写真は、米ウィスコンシン大マディソンキャンパス内の投票サイトで、2020年11月3日に撮影。(2020年 ロイター/Bing Guan)
米大手テレビネットワークは、3日に行われた米大統領選の開票結果を慎重な姿勢で報じている。写真は、米ウィスコンシン大マディソンキャンパス内の投票サイトで、2020年11月3日に撮影。(2020年 ロイター/Bing Guan)

[3日 ロイター] - 米大手テレビネットワークは、3日に行われた米大統領選の開票結果を慎重な姿勢で報じている。今回の選挙は、新型コロナウイルスの影響で期日前投票や郵送投票が大幅に増加し、票の集計や混乱、開票作業の遅れなどが予想されており、結果を巡り憶測が先走りしないよう各社は報道には万全を期す構えだ。

フォックス・ニュース<FOXA.O>は郵送投票の増加で一部の票が3日中には集計されない可能性があるとし、開票結果が「奇妙」に映るかもしれないと視聴者に伝えている。

また、CNNは、早い段階の集計結果を深読みしないよう視聴者に伝え、専門家チームが分かりやすいように結果を順次解説していくと説明した。

開票結果は夜通し報じられる予定。NBCは4日早朝まで報道を予定しており、フォックス・ニュースも8時間の中継を予定している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^