大紀元時報

情報BOX:米大統領選激戦州の再集計ルール

2020年11月05日 14時05分
11月4日、米大統領選の激戦州の1つ、ウィスコンシン州がまだ開票作業を終了していない段階で、トランプ大統領の陣営は、同州の再集計を求める意向を表明した。写真はウィスコンシン州ラシーンで撮影された、不在者投票用紙。3日撮影(2020年 ロイター/Bing Guan)
11月4日、米大統領選の激戦州の1つ、ウィスコンシン州がまだ開票作業を終了していない段階で、トランプ大統領の陣営は、同州の再集計を求める意向を表明した。写真はウィスコンシン州ラシーンで撮影された、不在者投票用紙。3日撮影(2020年 ロイター/Bing Guan)

[4日 ロイター] - 米大統領選の激戦州の1つ、ウィスコンシン州がまだ開票作業を終了していない段階で、トランプ大統領の陣営は4日、同州の再集計を求める意向を表明した。CNNとAP通信は、同州の選挙人10人を民主党候補のバイデン前副大統領が獲得する見通しだと伝えた。エジソン・リサーチによると、バイデン氏とトランプ氏の得票数の差は1ポイントに満たず、候補者が再集計を申し出ることができることを意味する。

ウィスコンシンや他の幾つかの激戦州における再集計ルールは以下の通り。

<ネバダ>

自動的な再集計:行われない。

再集計に関する規定:敗北した候補者は、得票数の差にかかわらず再集計を要求できる。期限:州の投票精査後3営業日以内に要求が必要。

費用負担者:要求した候補者本人が引き受ける。

<ウィスコンシン>

自動的な再集計:行われない。

再集計に関する規定:得票数の差が1ポイントもしくはそれ未満ならば、全てか一部の票の数え直しを求めることができる。

期限:大統領選の場合は、州の投票精査の翌営業日の午後5時まで。

費用負担者:得票数の差が0.25ポイントを超える場合は、要求した候補者本人となる。

<ミシガン>

自動的な再集計:実施される。

再集計に関する規定:得票数の差が2000票もしくはそれ未満なら、再集計要求が可能。

期限:州の投票精査後48時間以内。

費用負担者:要求した候補者本人。

<ペンシルベニア>

自動的な再集計:実施される。

再集計に関する規定:得票数の差が0.5ポイントもしくはそれ未満ならば自動再集計が行われる。そのほか票全体で少なくとも3人の有権者の署名の間違いが証明された場合、また州の裁判所に不正や誤りの申し立てをする場合も、再集計を求められる。

期限:自動再集計は投票日以降の2回目の木曜日の午後5時まで。再集計を要求した際は、投票日の5日後。

費用負担者:要求した候補者本人。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^