大紀元時報

米との緊密連携、変わりはない=米大統領選で菅首相

2020年11月06日 12時01分
菅義偉首相は6日午前の参院予算委員会で、米大統領選挙の結果にかかわらず「引き続き米国と緊密に連携していくことに変わりはない」と述べた。写真は2020年10月21日にインドネシアのジャカルタで会見する菅首相。(2020年 ロイター/プール経由)
菅義偉首相は6日午前の参院予算委員会で、米大統領選挙の結果にかかわらず「引き続き米国と緊密に連携していくことに変わりはない」と述べた。写真は2020年10月21日にインドネシアのジャカルタで会見する菅首相。(2020年 ロイター/プール経由)

[東京 6日 ロイター] - 菅義偉首相は6日午前の参議院予算委員会で、米大統領選挙が接戦となり当選者が決まらない状況となっているが、結果にかかわらず「引き続き米国と緊密に連携していくことに変わりはない」と述べた。中西祐介委員(自民)への答弁。

菅首相は、日米同盟は外交・安全保障の基軸であり、インド太平洋地域と国際社会の平和、繁栄、自由の基盤となるものと指摘。さらに、米中両国が安定的に関係を構築していくことは日本の国益に沿うものだと述べた。米中関係もにらみながら「日米同盟を軸に外交・安全保障を進めていきたい」と語った。

(杉山健太郎)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^