大紀元時報

オーストリア、過激派モスクを閉鎖 ウィーン銃撃テロ巡り

2020年11月07日 14時42分
オーストリア政府は6日、首都ウィーン中心部で2日に起きた銃撃事件を巡り、実行犯が出入りしていたモスクとイスラム協会を閉鎖したと発表した。ドイツ・ベルリンのオーストリア大使館前で献花する人(2020年 ロイター/Axel Schmidt)
オーストリア政府は6日、首都ウィーン中心部で2日に起きた銃撃事件を巡り、実行犯が出入りしていたモスクとイスラム協会を閉鎖したと発表した。ドイツ・ベルリンのオーストリア大使館前で献花する人(2020年 ロイター/Axel Schmidt)

[ウィーン 6日 ロイター] - オーストリア政府は6日、首都ウィーン中心部で2日に起きた銃撃事件を巡り、実行犯が出入りしていたモスクとイスラム協会を閉鎖したと発表した。実行犯の過激思想に影響を与えたと判断した。

事件直後に警察に射殺された実行犯は、オーストリアと北マケドニアの二重国籍を持つ20歳の男で、過激派組織「イスラム国」(IS)に参加するためにシリアへの渡航を試みたとして昨年4月に有罪判決を受けていた。

ドイツの警察当局は6日、実行犯とつながりがあるとみられる4人に関連した家宅などを捜索した。

ウィーン警察当局は、ドイツの諜報機関に監視されていたドイツ人が夏にウィーンで実行犯と密会していたと発表。実行犯がスロバキアで銃弾の購入を試みていたとの情報と総合して判断していれば「異なる結果」につながった可能性があるとした。

また、スイス当局は実行犯とつながりがあったとして2人の男を逮捕した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^