大紀元時報

ウクライナ大統領がコロナ陽性、体調は安定

2020年11月10日 11時43分
ウクライナ大統領府は9日、ゼレンスキー大統領が新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表した。ただ体調は安定しており、自己隔離しながら執務を継続するという。10月撮影(2020年 ロイター/VALENTYN OGIRENKO)
ウクライナ大統領府は9日、ゼレンスキー大統領が新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表した。ただ体調は安定しており、自己隔離しながら執務を継続するという。10月撮影(2020年 ロイター/VALENTYN OGIRENKO)

[キエフ 9日 ロイター] - ウクライナ大統領府は9日、ゼレンスキー大統領が新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表した。ただ体調は安定しており、自己隔離しながら執務を継続するという。

ゼレンスキー氏は「全ての隔離措置にかかわらず、コロナ検査は陽性だった。(熱が)37.5度ある」と、通信アプリ「テレグラム」に投稿した。

また、大統領府のイェルマーク長官も9日、自身がコロナ検査で陽性だったと明らかにした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^