大紀元時報

エチオピア紛争、市民数百人虐殺の可能性=人権団体

2020年11月13日 21時43分
国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは11月12日、戦闘が続くアフリカ東部エチオピアの北部ティグレ州で、数百人の市民が虐殺された可能性があると発表した。写真は負傷したエチオピア政府軍兵士らのための献血所でエチオピア国旗を掲げるボランティア(2020年 ロイター /Tiksa Negeri)
国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは11月12日、戦闘が続くアフリカ東部エチオピアの北部ティグレ州で、数百人の市民が虐殺された可能性があると発表した。写真は負傷したエチオピア政府軍兵士らのための献血所でエチオピア国旗を掲げるボランティア(2020年 ロイター /Tiksa Negeri)

[アジスアベバ 12日 ロイター] - 国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは12日、戦闘が続くアフリカ東部エチオピアの北部ティグレ州で、数百人の市民が虐殺された可能性があると発表した。

ティグレ州では、同州を支配するティグレ人民解放戦線(TPLF)と連邦政府軍が戦闘を繰り広げている。

アムネスティーは目撃者の情報をもとに、虐殺は9日夜にティグレ州南西部マイカドラで発生したと説明。殺害された人々は、紛争に関与していない日雇い労働者のようで、死体には刺傷の痕があったという。

目撃者によると、TPLFを支援する勢力による犯行という。TPLF側は関与を否定している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^