大紀元時報

コロナワクチン、来年4月にも全国民が利用可能に=トランプ氏

2020年11月14日 08時00分
トランプ米大統領は13日、新型コロナウイルスワクチンが早ければ来年4月にも全国民に利用できるようになるという見通しを示した(2020年 ロイター/Carlos Barria)
トランプ米大統領は13日、新型コロナウイルスワクチンが早ければ来年4月にも全国民に利用できるようになるという見通しを示した(2020年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ米大統領は13日、新型コロナウイルスワクチンが早ければ来年4月にも全国民に利用できるようになるという見通しを示した。

米大統領選で民主党候補のバイデン前副大統領の勝利が確実になってから初めて公の場で発言し、米製薬大手ファイザー<PFE.N>のコロナワクチンが「かなりすぐに」緊急使用承認されるだろうと述べた。

米疾病対策センター(CDC)が13日発表した米国の新型コロナ感染者数は19万4610人増の1050万8864人。死者は1147人増え24万2216人。

また、現政権はロックダウン(都市封鎖)を行うつもりはないと明言。

大統領選については、時がたてば誰が1月に大統領になるか分かるだろうと述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^