大紀元時報

WHOコロナワクチン枠組み、目標の20億ドル調達 貧困国に供給

2020年11月14日 18時00分

[ロンドン/ジュネーブ 13日 ロイター] - 新型コロナウイルスワクチンの平等な分配を目指す「COVAXファシリティー」は、貧困国にワクチンを供給するために20億ドルを超える資金を調達し、中間目標を達成した。

世界保健機関(WHO)とともに同枠組みを立ち上げた官民組織「GAVIアライアンス」によると、欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会のほか、フランス、スペイン、韓国などの国に加え、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団などがこのほど合計3億6000万ドルを提供。年内に20億ドルを調達する目標が達成された。

これにより、COVAXファシリティーを通して92カ国に対し合計10億回分のワクチンが供給できる。

来年はワクチン提供に50億ドルの資金が新たに必要になる。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^