大紀元時報

豪首相、ブリスベンへの五輪誘致でIOC会長と会談

2020年11月17日 22時53分
11月17日 オーストラリアのモリソン首相は訪問中の東京で国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と会談し、来年に延期された東京オリンピックと、2032年オリンピックの開催地にブリスベンが立候補することを巡って協議した。写真は東京の羽田空港に到着したモリソン首相。11月17日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
11月17日 オーストラリアのモリソン首相は訪問中の東京で国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と会談し、来年に延期された東京オリンピックと、2032年オリンピックの開催地にブリスベンが立候補することを巡って協議した。写真は東京の羽田空港に到着したモリソン首相。11月17日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 17日 ロイター] - オーストラリアのモリソン首相は17日、訪問中の東京で国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と会談し、来年に延期された東京オリンピックと、2032年オリンピックの開催地にブリスベンが立候補することを巡って協議した。

会談には、豪オリンピック委員会(AOC)会長のジョン・コーツ氏も同席した。

AOCの公式ツイッターに投稿された動画でコーツ氏は、モリソン首相がブリスベンの立候補に「全面的な支援」を表明したと述べ、「モリソン首相とバッハ会長は今朝、非常に有意義な会談を行った」とした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^