大紀元時報

中国とロシアが対北朝鮮制裁を妨害、ドイツが名指しで非難

2020年11月18日 10時49分
11月17日、北朝鮮に対する国連制裁を巡って、ドイツのホイスゲン国連大使(写真左)は、中国とロシアが妨害していると名指しで非難した。ニューヨークで2019年6月撮影(2020年 ロイター/Shannon Stapleton)
11月17日、北朝鮮に対する国連制裁を巡って、ドイツのホイスゲン国連大使(写真左)は、中国とロシアが妨害していると名指しで非難した。ニューヨークで2019年6月撮影(2020年 ロイター/Shannon Stapleton)

[国連 17日 ロイター] - 北朝鮮に対する国連制裁を巡って、ドイツのホイスゲン国連大使は17日、中国とロシアが妨害していると名指しで非難した。

国連安保理は2017年、北朝鮮の石油精製品の輸入上限を年50万バレルに制限。

中国とロシアは北朝鮮への石油精製品輸出を継続しているが、両国とも輸出量を「バレル」ではなく「トン」で報告しており、単位の換算基準を巡って理事会内で折り合いがつかず、北朝鮮が制裁に違反しているかどうかの判断ができないという。

ホイスゲン氏は「この問題は3年も続いており、ロシアと中国が手続きを遅らせている。両国が問題を政治化させていることは明白だ」と述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^