大紀元時報

米商務省高官コーデル・ハル氏退任へ、対中貿易政策に尽力

2020年11月19日 12時41分

[18日 ロイター] - 対中貿易政策の策定に尽力してきた米商務省の高官、コーデル・ハル氏が12月4日付で退任することになった。ハル氏は過去1年間、同省の産業安全保障局を率いてきた。

この期間に同省は中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]への部品供給などを一段と制限した。

また、中国の軍民融合政策に対応するため輸出規制を強化。中国政府によるウイグル族などイスラム系少数民族への弾圧に関与しているとして、監視カメラ大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)などを禁輸リストに追加するなどの措置も講じた。

ハル氏はインタビューで「重要な国家安全保障問題でわれわれが達成できたことを誇りに思う」と述べ、民間セクターで新たな課題に取り組むことを決断したと明らかにした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^