大紀元時報

尖閣周辺での活動、前向きな対応求めた=中国外相との会談で官房長官

2020年11月25日 12時09分
11月25日、 加藤勝信官房長官は、中国の王毅国務委員兼外相との会談で「尖閣諸島周辺海域における中国公船の活動についての懸念を伝え、中国側の前向きな対応を求めた」と明らかにした。9月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)
11月25日、 加藤勝信官房長官は、中国の王毅国務委員兼外相との会談で「尖閣諸島周辺海域における中国公船の活動についての懸念を伝え、中国側の前向きな対応を求めた」と明らかにした。9月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 25日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は25日、中国の王毅国務委員兼外相との会談で「尖閣諸島周辺海域における中国公船の活動についての懸念を伝え、中国側の前向きな対応を求めた」ことを明らかにした。中国公船の活動は「極めて深刻」との認識も重ねて示した。同日午前の記者会見で語った。

王毅国務委員兼外相との会談では「訪日を歓迎しつつ、菅政権の日中関係を重視する姿勢は変わりない」との日本側の考えも伝えた。王毅外相からは「(加藤官房長官の)就任への祝意をいただくとともに、引き続き良好な日中関係を構築し、不確実性の世界においてともに建設的な役割を果たしていきたい」との話があったという。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^