大紀元時報

OPECプラス、減産延長に傾く 原油価格上昇でも=関係筋

2020年11月26日 09時30分
石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は、原油価格が上昇しているものの、来年に予定する増産を先送りする方向に傾いていると、関係筋3人が明らかにした。ウィーンで2018年12月撮影(2020年 ロイター/Leonhard Foeger)
石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は、原油価格が上昇しているものの、来年に予定する増産を先送りする方向に傾いていると、関係筋3人が明らかにした。ウィーンで2018年12月撮影(2020年 ロイター/Leonhard Foeger)

[モスクワ/ロンドン 25日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は、原油価格が上昇しているものの、来年に予定する増産を先送りする方向に傾いていると、関係筋3人が明らかにした。

新型コロナウイルス感染再拡大やリビアの生産再開が背景にある。OPECプラスは年明け1月から協調減産を縮小し、日量200万バレルの増産に踏み切ることを計画していた。

関係筋によると、ロシアは必要に応じ第1・四半期に現行の産油量を維持することで合意する公算が大きく、第2・四半期も延長するかどうかは後に決定したい意向という。

関係筋の1人は、新型コロナ第2波に伴う「価格下落の可能性や需要を巡る不透明性」を踏まえ、「減産の延長は必要とみられる」と述べた。

別の関係筋も、原油相場が最近上昇しているものの、OPECプラスの減産延長に関する見解を変更するには至っていないとし、「相場を支える堅固な市場のファンダメンタルズを確実にするため、延長は必要」と指摘。「これまでのところ3カ月の延長が最適な選択肢となっている」と述べた。

OPECプラスの閣僚は来週30日と12月1日に開く会合で、今後の方針を決定する見通し。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^