大紀元時報

北朝鮮、J&Jなどにもサイバー攻撃の疑い コロナ情報狙い

2020年12月03日 07時54分
北朝鮮系とみられるハッカー集団が、新型コロナウイルスの情報を狙って、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)など少なくとも9つの医療関連組織にサイバー攻撃を試みていたことが、複数の関係者による調べで分かった。写真は10月14日撮影(2020年 ロイター/Mike Blake)
北朝鮮系とみられるハッカー集団が、新型コロナウイルスの情報を狙って、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)など少なくとも9つの医療関連組織にサイバー攻撃を試みていたことが、複数の関係者による調べで分かった。写真は10月14日撮影(2020年 ロイター/Mike Blake)

[ワシントン/ロンドン 2日 ロイター] - 北朝鮮系とみられるハッカー集団が、新型コロナウイルスの情報を狙って、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)など少なくとも9つの医療関連組織にサイバー攻撃を試みていたことが、複数の関係者による調べで分かった。

一連のサイバー攻撃は9月に開始。オンラインのログインポータルを模したウェブドメインを利用して、標的となった組織のスタッフをだまし、パスワードを盗もうとしていたという。

ロイターは先週、関係者らの話として、北朝鮮系とみられるハッカー集団が過去数週間、英アストラゼネカにサイバー攻撃を試みていたと報じた。

これまで標的となった組織はJ&Jやアストラゼネカのほか、米ノババックス、ベス・イスラエル・ディーコネス医療センター(BIDMC、ボストン)、独テュービンゲン大学、セルトリオンなど韓国企業4社。サイバー攻撃が成功したかどうかは不明。

J&Jはコメントを控えた。ノババックスの広報担当者は、サイバー攻撃の脅威に留意しており、政府機関や民間のサイバー防御の専門家らの協力を仰いでいると述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^