12月6日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星探査機「はやぶさ2」が6年間に及ぶ宇宙の旅から持ち帰ったカプセルが地球に帰還し、オーストラリアの砂漠でカプセル(写真)を回収したと発表した。写真はJAXAが提供(2020年 ロイター)

「はやぶさ2」カプセル帰還、豪州の砂漠で回収

[東京/メルボルン 6日 ロイター] - 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、小惑星探査機「はやぶさ2」が6年間に及ぶ宇宙の旅から持ち帰ったカプセルが地球に帰還し、オーストラリアの砂漠でカプセルを回収したと発表した。

カプセルは上空から捜索に当たっていたヘリコプターが発見し、回収し、JAXAの豪国内施設に輸送された。

JAXAは記者会見を開き、山川宏理事長がカプセル回収の成功を報告。「太陽系の生成過程、地球への水の輸送への起源に迫る成果が得られるのではないかと期待している」と述べた。

はやぶさ2は2014年に種子島の宇宙センターから打ち上げられ、4年かけて小惑星「リュウグウ」に到達。リュウグウで試料を採取し、2019年11月にリュウグウを離れ、地球へと向かっていた。

カプセル内の物質は、太陽系の成り立ちや地球の生命誕生の謎を探る貴重な手がかりになると期待される。

オーストラリア宇宙庁のトップ、ミーガン・クラーク氏は会見で「試料が無事にオーストラリアを離れ、日本に戻るのを見届けるまでJAXAをサポートするわれわれの仕事は完了しない」と述べた上で、「試料は、水がどのようにして地球に到達したのか、また、有機物や炭素をベースとした動物、人間、植物など、われわれがどのようにして形成されてきたのかを解き明かすヒントを与えてくれるだろう」と期待を示した。