大紀元時報

「ドミニオンのサーバーは所在不明」米実業家が発言

2021年01月01日 15時20分
2020年12月12日、米ワシントンD.C.で開かれたトランプ大統領を支持する集会で実業家でありジャーナリストのパトリック・バーン氏が発言した(李辰/大紀元)
2020年12月12日、米ワシントンD.C.で開かれたトランプ大統領を支持する集会で実業家でありジャーナリストのパトリック・バーン氏が発言した(李辰/大紀元)

米オンライン小売業者大手のオーバーストック・ドットコムの創業者パトリック・バーン(Patrick Byrne)氏はこのほど、ラジオ番組「The Pete Santilli Show」に出演し、ドイツのフランクフルトにあったとされるドミニオン(Dominion Voting Systems)社のサーバーが誰の手に渡ったのかわからないと述べた。

2020年米大統領選で28の州がドミニオン社の集計システムを使用した。トランプ大統領の弁護団は同システムが選挙結果を操作できるよう設計されており、同社による選挙不正があったと主張した。同社は不正疑惑を否定し、トランプ弁護団のメンバーや不正を報じた保守系メディア数社を提訴した。

調査ジャーナリストでもあるパトリック・バーン氏は番組で、大統領選のデータは全部、フランクフルトにあったサーバーに転送されたと述べた。「これに気付いた後、われわれチームメンバーの一人が、近い関係にある国会議員に連絡した」と話した。

「しかし、この国会議員は通常の電話回線を使ってトランプ大統領にこの情報を知らせた。さらに、一枚の写真を送付し、対策をとるようトランプ氏に進言した」

「これは間違った対応だ」とバーン氏は付け加えた。

同氏によると、12時間後にフランクフルトにあったサーバーは米陸軍の制服を着用した男性に持ち去られたという。

「誰がそれを持ち去ったのか、分からない」と同氏は述べた。

選挙不正を調べるシドニー・パウエル弁護士も11月19日に同じ見解を示している。ドイツにあったサーバーが何者かに奪われたという情報は事実かとの記者の質問に対して「事実だが、良い人の手に入ったのか、それとも悪者に奪われたのかは分からない」と返事した。

バーン氏は選挙前、調査チームを立ち上げ、11月3日の投票日に同集計システムのネット上の動きを追跡した。調査結果に基づいて、大統領選が操作されたのは「揺るぎない(ironclad)事実だ」と主張している。

(大紀元日本ウェブ編集部)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^