大紀元時報

トランプ氏の娘婿クシュナー氏、ノーベル平和賞候補に

2021年02月01日 14時29分
1月29日、トランプ前米大統領の娘婿で、大統領上級顧問を務めたクシュナー氏(写真)と、同じくトランプ政権下で中東担当特使だったアビ・バーコウィッツ氏が、ノーベル平和賞の候補に推薦された。写真はモロッコのラバトで昨年12月撮影(2021年 ロイター/Shereen Talaat)
1月29日、トランプ前米大統領の娘婿で、大統領上級顧問を務めたクシュナー氏(写真)と、同じくトランプ政権下で中東担当特使だったアビ・バーコウィッツ氏が、ノーベル平和賞の候補に推薦された。写真はモロッコのラバトで昨年12月撮影(2021年 ロイター/Shereen Talaat)

[ワシントン 31日 ロイター] - トランプ前米大統領の娘婿で、大統領上級顧問を務めたクシュナー氏と、同じくトランプ政権下で中東担当特使だったアビ・バーコウィッツ氏が、ノーベル平和賞の候補に推薦された。イスラエルとアラブ諸国との国交正常化、いわゆる「アブラハム合意」に貢献したことが評価された。

ハーバード・ロー・スクール名誉教授として候補者推薦資格を持つ弁護士のアラン・ダーショウィッツ氏が両氏を推薦した。両氏は、イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンなど4カ国との国交正常化交渉において鍵となる役割を果たした。

クシュナー氏は声明で、同賞の候補に選出されたことを光栄に思う、とした。

ノーベル賞の発表は10月に行われる。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^