大紀元時報

バイデン米政権、国連人権理事会に復帰へ

2021年02月08日 13時32分
米国のバイデン政権は、トランプ前政権下で離脱した国連人権理事会にオブザーバーとして復帰する方針だ。ブリンケン米国務長官が8日に発表する。2020年2月ジュネーブで撮影(2021年 ロイター/Denis Balibouse)
米国のバイデン政権は、トランプ前政権下で離脱した国連人権理事会にオブザーバーとして復帰する方針だ。ブリンケン米国務長官が8日に発表する。2020年2月ジュネーブで撮影(2021年 ロイター/Denis Balibouse)

[ワシントン 7日 ロイター] - 米国のバイデン政権は、トランプ前政権下で離脱した国連人権理事会にオブザーバーとして復帰する方針だ。ブリンケン米国務長官が8日に発表する。国務省高官が7日明らかにした。

同高官は「理事会を改革し、改善するための最も効果的な方法は、原則に基づき理事会に関与することだと認識しているからだ」と復帰の理由を説明した。

米国の復帰についてはAP通信が最初に報じた。

トランプ前大統領は2018年、イスラエルに対する偏見や改革の遅れを理由に国連人権理事会からの離脱を表明した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^