大紀元時報

中国台頭は「決定的問題」、NATO事務総長が危機感

2021年02月20日 16時43分
2月19日、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長はミュンヘン安全保障会議で、欧州や米国、カナダに対し国際的ルールに基づく秩序の維持を訴え、中国の台頭はNATOにとって問題だという認識を表明した。写真は2月17日、ブリュッセルのNATO本部で開かれた会議に出席するストルテンベルグ事務総長(2021年 ロイター/John Thys)
2月19日、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長はミュンヘン安全保障会議で、欧州や米国、カナダに対し国際的ルールに基づく秩序の維持を訴え、中国の台頭はNATOにとって問題だという認識を表明した。写真は2月17日、ブリュッセルのNATO本部で開かれた会議に出席するストルテンベルグ事務総長(2021年 ロイター/John Thys)

[ブリュッセル 19日 ロイター] - 北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は19日に開かれたミュンヘン安全保障会議で、欧州や米国、カナダに対し国際的ルールに基づく秩序の維持を訴え、中国の台頭はNATOにとって問題だという認識を表明した。

「中国とロシアは自らの利益のためにルールを書き換えようとしている」とした上で、「中国の台頭は大西洋を挟む社会にとって決定的な問題であり、われわれの安全保障、繁栄、生活に影響をもたらす可能性がある」と述べた。

NATOは依然としてロシアを主な敵国と見なしているが、中国の軍事的影響力拡大に対応するため、同盟の主要方針である「戦略概念」に中国を含めることを検討している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^