大紀元時報

鳥インフルエンザH5N8型、初のヒト感染 ロシアがWHOに報告

2021年02月22日 09時41分

[モスクワ 20日 ロイター] - ロシア連邦消費者庁のポポワ長官は20日、高病原性の鳥インフルエンザウイルス「H5N8型」の鳥からヒトへの感染が国内で確認され、世界保健機関(WHO)に報告したと明らかにした。

H5N8型はここ数カ月の間にロシア、欧州、中国、中東、北アフリカで家禽(かきん)から検出されているが、ヒトへの感染は初めてとみられる。

ポポワ長官は国営テレビ「ロシア24」に対し、鳥からヒトへの感染について「結果が明確になり、数日前」にWHOに報告したと語った。ヒトからヒトへの感染は確認されていないという。

長官によると、ロシア南部の養鶏場で昨年12月に感染が発生した際、従業員7人からウイルスが検出された。感染した7人の体調は現在、良好で、これ以上の感染の広がりはないという。

WHOの欧州部門は電子メールで、ロシアからH5N8型のヒトへの感染について報告を受けたとし、確認されれば、同型初のヒトへの感染になるとの認識を示した。

また「暫定的な情報からは鳥の一群にさらされた従業員の感染とみられる。彼らは無症状で、ヒトからヒトへの感染は報告されていない」とした。「この事例について、さらなる情報を収集し、公衆衛生上の影響を調査するため、ロシア当局と協議している」という。

鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染は、感染した生きた家禽やその死骸との濃厚接触により発生する場合が多いが、適切に調理された食肉は安全と考えられている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^