大紀元時報

バイデン米大統領、半導体の国内生産加速へ370億ドルの財源確保へ

2021年02月25日 21時20分
2月24日、バイデン米大統領は、半導体や電気自動車向けの電池などの調達体制を再構築するための大統領令に署名した。政権当局者らが明らかにした(2021年 ロイター/Jonathan Ernst)
2月24日、バイデン米大統領は、半導体や電気自動車向けの電池などの調達体制を再構築するための大統領令に署名した。政権当局者らが明らかにした(2021年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 24日 ロイター] - バイデン米大統領は24日、半導体の国内生産を加速させるための財源として370億ドルの確保を目指す考えを示した。半導体不足は国内の自動車生産ラインを休止に追い込んでいる。

また政権当局者によると、大統領は半導体や電気自動車(EV)向けの電池などの調達体制を再構築するための大統領令に署名した。

半導体不足を巡っては、24日にホワイトハウスでの大統領と超党派グループの会合でも議題となった。

バイデン氏は「半導体不足を解決するため、政権高官らに業界幹部と協力するよう指示した」とし「議会は法案を承認しているが、(半導体の)そうした生産能力を確保するには370億ドルが必要だ。これについても推進する」と語った。

バイデン氏は2021年の国防権限法(NDAA)に盛り込まれている半導体の生産能力拡大を目指す措置に言及したとみられる。同措置は財源を確保するのに別の予算割り当てプロセスが必要となる。

バイデン氏が署名した大統領令は、半導体、EV向けの電池、レアアース(希土類)、医薬品の4品目のサプライチェーン(供給網)について、ただちに100日間の審査を指示。さらに防衛、公衆衛生、通信技術、輸送、エネルギー、食品生産の6分野について調査も命じる。

米国では、新型コロナウイルスの流行を機に、マスクなどの医療用防具が不足。また世界的な車載用半導体不足で、国内の自動車生産ラインが休止する事態になっている。

政権高官は「ただ報告を指示するのでない。問題点を特定し、それに対処する行動計画を立てるつもりだ」と述べた。

大統領令は、特定の製品についてサプライチェーンの中国への依存を減らすことも狙っている。

自動車大手フォード・モーターは24日、バイデン氏の計画を歓迎。発表文書で「(半導体)不足問題の早期解決に努めることが、われわれの従業員、顧客、事業にとって極めて重要だ」とした。

米半導体工業会(SIA)によると、米半導体メーカーは世界販売の47%を占めるが、生産については大部分を海外に外注しているため、世界のわずか12%にとどまる。1990年には世界の生産の37%を占めていた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^