大紀元時報

五輪の観客有無は4月から5月初めに判断とIOC会長、丸川氏が説明

2021年02月25日 21時17分
2月25日  丸川珠代五輪相は衆院予算委員会で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長がIOC理事会後の会見で、東京オリンピックで観客を入れるかどうかの判断は4月から5月初めになるとの見通しを示したと述べた。写真はオンライン形式の理事会に出席するバッハ氏。2月4日、スイスのローザンヌで撮影(2021年 IOC提供)
2月25日  丸川珠代五輪相は衆院予算委員会で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長がIOC理事会後の会見で、東京オリンピックで観客を入れるかどうかの判断は4月から5月初めになるとの見通しを示したと述べた。写真はオンライン形式の理事会に出席するバッハ氏。2月4日、スイスのローザンヌで撮影(2021年 IOC提供)

[東京 25日 ロイター] - 丸川珠代五輪相は25日の衆院予算委員会で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長がIOC理事会後の会見で、東京オリンピックで観客を入れるかどうかの判断は4月から5月初めになるとの見通しを示したと述べた。丸川五輪相はその上で「これはデッドラインという意味で話したのか、その時に決めたいという意味なのか我々はまだ把握していない。これから5者会談に向かってしっかり詰めたい」と語った。

今井雅人議員(立民)の質問に答えた。

複数の国内メディアによると、東京都の小池百合子知事は24日、小池知事と組織委員会の橋本聖子会長、丸川五輪相、IOCに加えて、国際パラリンピック委員会(IPC)も参加する5者協議を来週、開催する方向で調整していると明らかにした。

(杉山健太郎)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^