大紀元時報

米大統領、11日に国民に向け演説 コロナ禍開始から1年

2021年03月09日 14時36分
バイデン米大統領は新型コロナウイルス感染拡大への対応でロックダウンが開始されてからちょうど1年となる11日に国民に向けた演説を行う見通し。写真は3月5日、ワシントンで撮影(2021年 ロイター/Tom Brenner)
バイデン米大統領は新型コロナウイルス感染拡大への対応でロックダウンが開始されてからちょうど1年となる11日に国民に向けた演説を行う見通し。写真は3月5日、ワシントンで撮影(2021年 ロイター/Tom Brenner)

[ワシントン 8日 ロイター] - バイデン米大統領は新型コロナウイルス感染拡大への対応でロックダウン(都市封鎖)が開始されてからちょうど1年となる11日に国民に向けた演説を行う。ホワイトハウスのサキ報道官が8日、明らかにした。

報道官によると、バイデン氏は国民が払った犠牲に焦点を当てるほか、コロナ禍に打ち克ち、生活を正常化するための取り組みなどについて国民に語りかける。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^