大紀元時報

トランプ政権の入国制限によるビザ発給拒否、再申請が可能=国務省

2021年03月09日 17時41分
米国務省は3月8日、トランプ前政権によるイスラム圏やアフリカなど13カ国からの入国制限を理由にビザ(査証)発給を拒否された申請者に再申請を認める方針を明らかにした。写真は会見する国務省のプライス報道官。1日撮影。代表撮影(2021年 ロイター)
米国務省は3月8日、トランプ前政権によるイスラム圏やアフリカなど13カ国からの入国制限を理由にビザ(査証)発給を拒否された申請者に再申請を認める方針を明らかにした。写真は会見する国務省のプライス報道官。1日撮影。代表撮影(2021年 ロイター)

[ワシントン 8日 ロイター] - 米国務省は8日、トランプ前政権によるイスラム圏やアフリカなど13カ国からの入国制限を理由にビザ(査証)発給を拒否された申請者に再申請を認める方針を明らかにした。

バイデン大統領は就任初日の1月20日に前政権の入国制限を撤廃した。

国務省のプライス報道官は、1月20日より前にビザ発給を拒否された申請者は新たな申請書を提出して手数料を支払う必要があると説明。1月20日以降の申請者は再提出や追加の支払いをせずに再検討を求めることが可能だとした。

ただ、前年度までに移民多様化ビザ抽選プログラムに当選したのにビザを受け取っていない場合は国内法によってビザ発給が禁じられているとした。

国務省のデータによると、トランプ前大統領が当初発動したイスラム圏中心の入国制限の修正版が2017年12月に米連邦最高裁によって支持されて以来、約4万人が入国を禁止された。

入国制限の対象はトランプ氏の任期中に削除や追加などの変更を加えられ、最終的にはミャンマー、イラン、キルギス、北朝鮮、シリア、ベネズエラ、イエメンとアフリカのエリトリア、リビア、ナイジェリア、ソマリア、スーダン、タンザニアの13カ国となっていた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^