大紀元時報

米SEC、中国企業の米上場廃止目指す規制の導入に着手

2021年03月25日 14時11分
米証券取引委員会(SEC)は3月24日、米国の監査基準を満たさない外国企業を米市場から締め出す規制の導入を開始したことを明らかにした。2011年6月、ワシントンで撮影(2021年 ロイター/Jonathan Ernst)
米証券取引委員会(SEC)は3月24日、米国の監査基準を満たさない外国企業を米市場から締め出す規制の導入を開始したことを明らかにした。2011年6月、ワシントンで撮影(2021年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 24日 ロイター] - 米証券取引委員会(SEC)は24日、米国の監査基準を満たさない外国企業を米市場から締め出す規制の導入を開始したことを明らかにした。

米市場に上場する中国企業への監査を強化する法案が昨年12月、トランプ前大統領の署名を経て成立しており、SECの措置は同法に基づいている。

同法は、米公開企業会計監視委員会の監査に3年連続で従わなかった外国企業の米国内証券取引所での上場を禁止する。世界の企業が対象となるが、米市場に既に上場している中国の電子商取引企業アリババ・グループや拼多多(ピンドゥオドゥオ)、中国国営石油大手の中国石油天然ガス(ペトロチャイナ)などを念頭に置いている。

SECの規制では、企業は外国政府の事業体に所有・支配されていないと証明することが必要になるほか、監査や政府の影響に関する情報開示が義務付けられる。

SECは、規制の適用対象となる外国企業を特定するプロセスについて一般の意見を募っている。

SECは、企業の特定プロセスや取引禁止条件などを含め、法律で義務付けられた残りの内容をどのように実施していくか引き続き「積極的に検討」しているとした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
" async> %>
^