大紀元時報

台湾、長距離ミサイルの大量生産開始

2021年03月25日 17時10分
3月25日、台湾当局は25日、1種類の長距離ミサイルの大量生産を開始したことを明らかにした。軍事演習を行う台湾軍、台湾で2019年撮影(2021年 ロイター/Tyrone Siu)
3月25日、台湾当局は25日、1種類の長距離ミサイルの大量生産を開始したことを明らかにした。軍事演習を行う台湾軍、台湾で2019年撮影(2021年 ロイター/Tyrone Siu)

[台北 25日 ロイター] - 台湾当局は25日、1種類の長距離ミサイルの大量生産を開始したことを明らかにした。これとは別に3種類の長距離ミサイルを開発していることも認めた。

台湾が兵器の開発を公表するのは異例。中国は台湾周辺で軍事活動を強化している。

台湾は、戦争時に中国内陸部の基地を攻撃する能力も含め、抑止力を高めるため、軍の近代化を進めている。

台湾の邱国正・国防部長(国防相)は、立法院(国会に相当)で長距離攻撃の能力向上が優先課題だと発言。

「長距離で、正確な、移動式(の兵器)が望ましい」とし、公的研究機関である国家中山科学研究院がそうした兵器の研究を「中止したことは一度もない」と述べた。

同研究院の幹部も立法院で、1種類の陸上発射型長距離ミサイルがすでに生産段階に入ったと発言。これとは別に3種類の長距離ミサイルを開発中だと述べた。ミサイルの飛行距離は明らかにしなかった。

同研究所は台湾の兵器開発で中心的な役割を担っており、ここ数カ月、南東部の海岸で一連のミサイル実験を実施している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
" async> %>
^