大紀元時報

タイ、一部ミャンマー市民を医療目的で入国容認

2021年03月30日 21時58分
3月30日、治安部隊の暴力を逃れてきた10人以上のミャンマー人が、医療目的で国境を越えてタイ領内に入ることを許された。写真はミャンマーと国境を接するタイのメーホンソーン県で撮影(2021年 ロイター/Soe Zeya Tun)
3月30日、治安部隊の暴力を逃れてきた10人以上のミャンマー人が、医療目的で国境を越えてタイ領内に入ることを許された。写真はミャンマーと国境を接するタイのメーホンソーン県で撮影(2021年 ロイター/Soe Zeya Tun)

[メーサムレップ(タイ) 30日 ロイター] - 治安部隊の暴力を逃れてきた10人以上のミャンマー人が30日、医療目的で国境を越えてタイ領内に入ることを許された。タイ外務省は、ミャンマーの避難民を門前払いする方針はないとしている。

メーサムレップ村の医療関係者によると、人々はミャンマー国軍のクーデターに抗議しているカレン州からサルウィーン川をボートで渡り、タイ側に入った。

ただ、村周辺の別の当局者はロイターに、タイ軍が今も国境周辺の治安維持のためとしてミャンマーから逃げてくる人々の大半を追い返していると話した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
" async> %>
^