大紀元時報

中国に強硬姿勢で臨むべき、WTOの近代化必要=英国際貿易相

2021年04月01日 13時22分
英国のトラス国際貿易相は、フィナンシャル・タイムズ紙(FT)とのインタビューで、国際貿易を巡り中国に強硬な姿勢で臨むべきだとの認識を示した。昨年12月撮影。(2021年 ロイター/Pedja Stanisic)
英国のトラス国際貿易相は、フィナンシャル・タイムズ紙(FT)とのインタビューで、国際貿易を巡り中国に強硬な姿勢で臨むべきだとの認識を示した。昨年12月撮影。(2021年 ロイター/Pedja Stanisic)

[ロンドン 31日 ロイター] - 英国のトラス国際貿易相は、フィナンシャル・タイムズ紙(FT)とのインタビューで、国際貿易を巡り中国に強硬な姿勢で臨むべきだとの認識を示した。

同相は「中国と国際貿易システムにおける中国の行動に対して、強硬な姿勢を取るべきだ。ただ、世界貿易機関(WTO)の近代化も必要だ。WTOは多くの点で1990年代から変わっていない」と指摘。

「WTOは中国の経済規模が米国の10%だったころに設立された。(中国が)依然として途上国を自称しているのは馬鹿げている。こうしたルールを変える必要がある」と述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
" async> %>
^