大紀元時報

インドが4億人のコロナワクチン接種開始、45歳以上に対象拡大

2021年04月02日 12時02分
4月1日、インドは45歳以上を対象に新型コロナウイルスワクチン接種を開始した。ニューデリーのホームレスシェルターで3月、検査を行う医療関係者(2021年 ロイター/Adnan Abidi)
4月1日、インドは45歳以上を対象に新型コロナウイルスワクチン接種を開始した。ニューデリーのホームレスシェルターで3月、検査を行う医療関係者(2021年 ロイター/Adnan Abidi)

[ニューデリー 1日 ロイター] - インドは1日、45歳以上を対象に新型コロナウイルスワクチン接種を開始した。当局者が明らかにしたもので、1日に数万人の接種を行い、これまでで最大規模のワクチン接種政策となる。

同国では1日の新規感染者が昨年10月以来最多となるなど、感染が拡大している。

接種はこれまで60歳以上と深刻な健康上の問題を抱える人に限定されていたが、対象年齢の拡大により4億人の接種を目指すことになる。

政府当局者は匿名でロイターに、「4億人への接種を求められている。これは最低限条件で目標だ」と指摘。また、「現在われわれは緊急事態に対応している。あるものは何でも使う」と述べた。

インドは1月にコロナワクチン接種が開始され、最もリスクの高い人をカバーするため当初は医療従事者、続いて高齢者が対象となっていた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
" async> %>
^