大紀元時報

仏ロックダウンが成長に影響、EUは迅速な刺激策実施を=財務相

2021年04月02日 20時56分
フランスのルメール財務相は2日、新型コロナウイルス感染再拡大を受けた3回目となる全国的なロックダウン(都市封鎖)について、今年の経済成長に影響を及ぼすが、どの程度か判断するのはまだ早いとの考えを示した。仏南部ニースで1日撮影。(2021年 ロイター/Eric Gaillard)
フランスのルメール財務相は2日、新型コロナウイルス感染再拡大を受けた3回目となる全国的なロックダウン(都市封鎖)について、今年の経済成長に影響を及ぼすが、どの程度か判断するのはまだ早いとの考えを示した。仏南部ニースで1日撮影。(2021年 ロイター/Eric Gaillard)

[パリ 2日 ロイター] - フランスのルメール財務相は2日、新型コロナウイルス感染再拡大を受けた3回目となる全国的なロックダウン(都市封鎖)について、今年の経済成長に影響を及ぼすが、どの程度か判断するのはまだ早いとの考えを示した。

マクロン大統領は3月31日、パリなどに適用していたロックダウンを全国に拡大すると発表。4月3日から最低1カ月継続するほか、学校も今週末以降3週間閉鎖する。

ルメール氏はCNewsテレビの番組で、今年の政府の成長率目標(6%)を維持するかとの質問に対し「こうした措置は2021年の経済成長に影響を及ぼす。現在分析しているところだ。近く新たな予想が出る」と述べた。

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビルロワドガロー仏中銀総裁は1日、ロックダウンの影響について、5月初旬以降に延長されない限り、中銀の経済成長率見通しに大きな影響は及ばないとの考えを示した。

ルメール氏はロックダウンにより15万の企業が一時的に閉鎖を余儀なくされ、これによるるコストは1カ月当たり110億ユーロに上ると述べた。

また欧州連合(EU)に景気刺激策の実施を急ぐよう求めた。

「迅速に行動し新型コロナ復興基金を加盟国に今すぐ届ける必要があることを欧州は理解しなければならない。2022年や23年では遅すぎる。米国や中国はわれわれの先を言っている」と語った。

1日にフランスで報告された新型コロナ感染者は5万人超、死者は308人。集中治療室に入っている患者は5109人へ増加した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
" async> %>
^