大紀元時報

スエズ運河、船舶足止め解消 3日までに全て通過

2021年04月05日 12時27分
エジプトのスエズ運河庁は、大型コンテナ船の座礁で足止めされていた船舶が3日までに全て運河を通過したと発表した。写真は離礁した大型コンテナ船「エバーギブン」、3月撮影(2021年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)
エジプトのスエズ運河庁は、大型コンテナ船の座礁で足止めされていた船舶が3日までに全て運河を通過したと発表した。写真は離礁した大型コンテナ船「エバーギブン」、3月撮影(2021年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

[カイロ 3日 ロイター] - エジプトのスエズ運河庁は、大型コンテナ船の座礁で足止めされていた船舶が3日までに全て運河を通過したと発表した。

運河庁によると、大型コンテナ船「エバーギブン」が離礁に成功した3月29日時点で422隻が待機していた。このうち残りの61隻が3日に運河を通過した。

エバーギブンは3月23日に座礁し、国際物流に混乱をきたした。

運河庁のラビア長官は2日夜のテレビ番組で、事故原因の調査を3月31日に開始したとした上で「調査は順調に進んでいる。あと2日かかる見込みで、その後結果を公表する」と述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
" async> %>
^