大紀元時報

米、19日から全成人のワクチン接種可能に 従来計画を2週間前倒し

2021年04月07日 22時32分
4月6日、バイデン米大統領は今月19日から国内の18歳以上の全成人が新型コロナウイルスワクチンの接種を受けられるようになると発表した。ワクチン接種計画が順調に進む中、従来目標の5月1日から約2週間前倒しした。写真は同日、イリノイ州シカゴのワクチン接種センターを訪れるハリス副大統領(2021年 ロイター/Carlos Barria)
4月6日、バイデン米大統領は今月19日から国内の18歳以上の全成人が新型コロナウイルスワクチンの接種を受けられるようになると発表した。ワクチン接種計画が順調に進む中、従来目標の5月1日から約2週間前倒しした。写真は同日、イリノイ州シカゴのワクチン接種センターを訪れるハリス副大統領(2021年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 6日 ロイター] - バイデン米大統領は6日、今月19日から国内の18歳以上の全成人が新型コロナウイルスワクチンの接種を受けられるようになると発表した。ワクチン接種計画が順調に進む中、従来目標の5月1日から約2週間前倒しした。

また、1月の就任から100日後の4月末までに2億回の接種を目指すという目標を達成する軌道に乗っていると言明した。バイデン氏は当初、ワクチン接種目標は1億回としていたが、達成したことを受け、倍の2億回に引き上げていた。

同時に新型コロナ変異株が急速に広がっていることで、感染者数は増加傾向にあるとし、「ゴール地点にたどり着いたわけではない。まだ取り組まなければならないことが多く残されている。われわれはなお、生死に関わる戦いを強いられている」と述べた。

バイデン氏は「われわれの行動が4月や5月、6月にどれだけの人々を救うか、それとも失うかを決定づける」と語った。

また、3月末までに教師や学校関係者の80%超が少なくとも1回目のワクチン接種を済ませたと明らかにした。

ホワイトハウスのサキ報道官は、バイデン大統領の発表は国内の誰もが接種の対象になることを確認するものだとし、国民は接種できるかどうかについて州や自治体のウェブサイトを確認する必要がなくなったと指摘した。

バイデン氏は「もう混乱を招くルールはない」と語った。

米国では新型コロナ感染による死者が累計55万5000人超と世界最多。一方、これまでに投与されたワクチンは1億6700万回分を超え、国民10人に4人が少なくとも1回目の接種を受けており、ほとんどの国を大きく上回るペースでワクチン接種が進んでいる。

*内容を追加しました

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
" async> %>
^