大紀元時報

FRBは独立した機関、議長とはまだ言葉交わさず=米大統領

2021年04月07日 10時43分
バイデン米大統領は4月6日、連邦準備理事会(FRB)は独立した機関だとして、パウエルFRB議長(写真)とはまだ言葉を交わしていないと述べた。2020年12月、ワシントンで代表撮影(2021年 ロイター/Susan Walsh)
バイデン米大統領は4月6日、連邦準備理事会(FRB)は独立した機関だとして、パウエルFRB議長(写真)とはまだ言葉を交わしていないと述べた。2020年12月、ワシントンで代表撮影(2021年 ロイター/Susan Walsh)

[ワシントン 6日 ロイター] - バイデン米大統領は6日、連邦準備理事会(FRB)は独立した機関だとして、パウエルFRB議長とはまだ言葉を交わしていないと述べた。

大統領は記者団に対し「私はFRBは独立した運営機関と考えており、大統領就任に当たって私は前政権で行われてきたようなことをやらないとしっかりと明確にしたい」と語った。

パウエル議長の任期は来年2月に切れるため、バイデン大統領はパウエル氏続投の是非を判断することになる。

FRB理事ポストの1つも空席となっている。

バイデン大統領は既に、トランプ前大統領がFRB理事に指名したジュディ・シェルトン氏の人事を取り下げている。

トランプ前大統領は自身が指名したパウエル議長に対し、金利を十分に引き下げていないとして、幾度となく解任をちらつかせていた。

バイデン大統領はFRBの前議長であるイエレン財務長官とは密接に経済政策で協調。パウエル氏についての質問にもかかわらず、イエレン氏とは定期的に連絡を取っていると答えた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
" async> %>
^